MENU

M字ハゲ(M字型薄毛)の原因を掴んで対策する方法

M字ハゲ

「最近生え際がどうも薄くなってきた。。。」
M字ハゲ(M字型薄毛)が気になりだしたら、しっかり対策を行えば進行を止めることができます。

 

M字ハゲと言われるM字型薄毛に悩んでいる方は多いです。
まずは自分のM字ハゲ(M字型薄毛)の原因を正確に把握することが必要です。

 

M字ハゲ(M字型薄毛)の原因がわかったら、M字ハゲの最適な方法で治療をすることが大切になります。
M字ハゲにはM字型薄毛専用の育毛剤もありますので、各自の最適な方法で治療して行きましょう。

MENU
  1. 効果&コストを考慮したおすすめ育毛剤ランキング
  2. M字ハゲとは!生え際がどうも薄くなってきたと感じたら
  3. M字ハゲ(M字型薄毛)の兆候!それはM字ハゲでは
  4. M字ハゲの正式名称って知ってる!?
  5. まずM字ハゲになる原因を知ろう!
  6. ハゲにもいろいろある!脱毛症の種類とは
  7. 脱毛症は何歳ごろから始まると思いますか?
  8. 男性ホルモンとM字ハゲの関係について

M字ハゲの効果&コストを考慮したおすすめ育毛剤ランキング

 

M字訴求

チャップアップ(CHAPUP)の特徴

厚生労働省が認めた医薬部外品の育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」
M字・生え際の薄毛が気になる方のために開発されました!
☆業界最大級50種類の育毛成分配合!!
☆あなたの髪が30日で!?100%無添加・無香料!!
【通常価格】13,360円
⇒【定期】サプリ(5,960円)も付いて9,090円(毎回32%お得です!)
30日間全額返金保証付きなので安心して試せます♪

 
 

REDEN(リデン)

リデン(REDEN)の特徴

新成分「リデンシル」が頭皮の幹細胞に直接働きかける新しい育毛剤
【驚異の発毛効果】平均で1万本の発毛効果の実績!
最も効果が高かった人の発毛数は2万本(毛量の平均は10万本)
【Redensyl3%配合】効果実証済みの臨床データと同じ
⇒84日後、リデンシルによって26%増加!?
【通常価格】12,800円
⇒【先着100名様限定】初回980円(92%OFF)サマーキャンペーン実施中!
自信があるから、全額返金保証付き

 
 

薬用プランテル

薬用プランテル(Plantel)の特徴

M字型ハゲに特化した厚生労働省認の薬用育毛剤「プランテル」
3大育毛成分による黄金比トリプル発毛促進構造で確かな実績があります!
厚生労働省認可の3強育毛成分が配合された【医薬部外品】
容量も150 mLあってたっぷり50日分!約139円/1日のお手軽な価格も好評です!
【通常価格】8,200円
⇒【定期】6,980円(毎回2,820円お得です!)
全額返金保証制度による効果保証付きなので安心して試せます♪

 
 

薬用ポリピュア(POLYPURE)

薬用ポリピュア(POLYPURE)の特徴

モンドセレクション受賞歴2012年から2017年6年連続受賞
育毛剤ポリピュアEXがさらに進化!《2017年リニューアル》
【IMBシステム】成分量と浸透性のバランス!
【Ultra Growth8】8つの成分の斬新な掛け合わせ!
【通常価格】7,800円
⇒【定期コース】6,800円(12%OFF)
じっくり堪能して頂きたい45日間全額返金保証付き♪

 
 

無添加育毛剤イクオス

イクオス(IQOS)の特徴

厚生労働省が「育毛」に効果があると認可した医薬部外品「イクオス(IQOS)」
完全無添加・無香料・無着色でM字ハゲが気になる男性から女性の方も安心して利用可能!
育毛剤を超えた育毛剤で圧倒的な育毛力が魅力です!!
【通常価格】12,800円
⇒【初回割引キャンペーン】4,980円(62%OFF)
業界最大級の45日間返金保証付きなので安心して試せます♪

 

M字ハゲとは!生え際がどうも薄くなってきたと感じたら

M字ハゲとは髪の生え際から進行するタイプの脱毛症で、M字に進行することからこう呼ばれています。
ヘアスタイルによっては自分でも気づきにくいのもM字ハゲの特徴です。

 

特に前髪を下ろすタイプの髪型の場合は髪の生え際は隠れています。
すると気付かないうちにM字ハゲが進行していることも多いのです。

 

M字ハゲはAGA(男性型脱毛症)によくあるタイプの一つです。
AGA(男性型脱毛症)には大きく分けて3タイプあるとされています。

  1. 額の生え際から進行するタイプ
  2. 前頭部から進行するタイプ
  3. 頭頂部から進行するタイプ

このうち1の額の生え際から進行するタイプが典型的なM字ハゲです。
3タイプとも男性型脱毛症と言われるのはいずれも男性ホルモンが原因になっているからです。

 

しかし最近では女性にもM字ハゲやその他の脱毛症が増えてきています。
遺伝もありますし、女性が社会進出したことによってストレスが増えたことも影響しているといわれています。

 

いずれの場合も、早期発見、早期に治療することで改善が期待できます。

 

M字ハゲ(M字型薄毛)の兆候!それはM字ハゲでは

抜け毛が多い、生え際が昔よりも薄く感じる。。。
そのような場合は、もしかしたらM字ハゲかもしれません。

 

ハゲ・薄毛そのものは頭部毛髪減少症や脱毛症と言われる皮膚疾患です。
M字ハゲはその名の通り、アルファベットのMに髪の生え際の形が似ている薄毛のことを指します。

 

M字ハゲの兆候は次のようになります。

  • 抜け毛が増えた
  • 髪が伸びない
  • 髪が細くなった
  • 頭皮が脂っぽい
  • 頭皮が透けるようになった

このような兆候が表れると生え際から薄くなりやすいと言われています。
M字ハゲになる可能性があると言えます。

 

上記の兆候が表れやすい=将来的にM字ハゲになりやすい
ということになりますが、M字ハゲになりやすい原因がある人の特徴もまとめました。

  • 遺伝
  • 生活習慣の乱れ

M字ハゲにはまずは生活習慣の改善が必要

遺伝については、自分の父親がM字ハゲだからと言って必ずしも
自分もM字ハゲになるというわけではありません。

 

父方の家系より、母方の家系からのほうが【脱毛因子】を受け継ぎやすいといいます。
M字ハゲの遺伝について確かめたいときは母方の家系の髪を参考にすると良いでしょう。

 

しかし、あくまでも体質を受け継ぐだけですので母方の家系にM字ハゲの人が多いからと言って
必ず自分もそうなるというわけではありません。

 

生活習慣の乱れにつきましては遺伝と違い、努力で改善出来るものです。
心当たりのある人はぜひ改善できるように工夫してみてください。

  • 睡眠の乱れ
  • 食生活の乱れ
  • 運動不足
  • 間違ったヘアケア方法

もし遺伝の面で不安があっても、健康的な生活と正しいヘアケアでM字ハゲを食い止めることができるかもしれません。
ヘアケアは美容師や皮膚科の医師などの専門家から正しい情報を得るようにしましょう。

 

M字ハゲ対策ランキング

>>M字ハゲ・M字型薄毛に効果的なアイテムの詳細はコチラから♪<<

M字ハゲの正式名称って知ってる!?

ハゲ・薄毛そのものは頭部毛髪減少症脱毛症と言われる皮膚疾患です。
M字ハゲはその名の通り、アルファベットのMに髪の生え際の形が似ている薄毛のことを指します。

 

M型脱毛とも呼ばれ、男性によくあるタイプの薄毛です。
男性ホルモンに起因することからAGA(男性型脱毛症)が正式名称となります。

 

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンが活発になる思春期以降に発症するのが特徴です。
早めに対処をすることで改善することができます。

 

AGA(男性型脱毛症)は一時期TVCMでも宣伝していた通り、病院で治療することができます。
AGA(Androgenetic Alopecia)というのがM字ハゲの医療機関での診断名となります。

M字ハゲの進行の仕方とは?

M字ハゲは生え際が徐々に後退するという特性があります。
この進行の仕方には個人差があり、10年以上かけてゆっくり後退する人もいれば、数か月でM字ハゲになる人もいます。

 

これを放置しておくと、髪の毛は抜ける一方で改善には向かいません。
AGA(男性型脱毛症)には頭頂部から進行するタイプもあります。

 

M字ハゲと頭頂部から進行するO型タイプを合わせ持ってしまうこともあります。
すると進行した後は最終的に脱毛部分はつながることになります。

 

後頭部と側頭部のみに髪が残ることになります。
M型とO型がつながる。。。と考えると少し怖いかもしれません。

 

薄毛かも?と気付いた時点で皮膚科を受診することが大切です。

まずM字ハゲになる原因を知ろう!

なぜM字ハゲになってしまうのでしょうか?
M字ハゲの原因を踏まえて正しい対処をしましょう。

 

M字ハゲの原因は大きく分けて2つあります。

  1. AGA(男性型脱毛症)
  2. 生活習慣

2つの原因について確認してみましょう。

AGA(男性型脱毛症)によるM字ハゲの原因について

AGA(男性型脱毛症)は遺伝や男性ホルモンの影響が原因と言われています。
遺伝についてはドイツの大学の研究チームが40歳以前に薄毛になり始めた男性の家系の血液を分析したデータが発表されています。

 

遺伝によるAGA(男性型脱毛症)

被験者は男性ホルモン(アンドロゲン)の受容体遺伝子に変異が見られました。
「遺伝子変異のため頭皮で男性ホルモンの働きが強まるのではないか」と研究チームは述べています。

 

男性ホルモン(アンドロゲン)はX染色体に受け継がれます。
X染色体は母親から受け継ぐため、母方の親族にハゲが多い場合は禿げる可能性は高いともされています。

 

しかし、あくまでもAGA(男性型脱毛症)の原因のうちの1つでしかありませんので必ず発症するというわけではありません。

 

男性ホルモンによるAGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)の原因物質はジヒドロテストステロン(DHT)です。
頭皮の脱毛部分には大量のDHTが確認されるといいます。

 

DHTは男性ホルモンと特定の酵素が結びつくことによって作られます。
DHTの影響があると髪の毛が太く長い毛に成長することなく抜けやすくなってしまいます。

 

また抜けなくても細く短い毛が多くなりますので全体的に薄毛に見えるようになってしまいます。
AGA(男性型脱毛症)には様々なタイプがありますがM字ハゲは代表的なものです。

 

生活習慣によるM字ハゲの原因について
  1. 偏った食生活…ビタミンや亜鉛が不足すると髪が育ちにくくなります。
  2. 飲酒…アルコールを分解するために髪に必要なミネラルや亜鉛が消費されます。
  3. 喫煙…血管を収縮させるので頭皮の血行が悪くなります。
  4. 運動不足…筋肉を動かさないと血行が悪くなります。
  5. 睡眠不足…髪は夜育つと言われています。特に22:00〜2:00の睡眠は大切にしましょう。
  6. ストレス…M字ハゲでなくても精神的な負担は円形脱毛症の原因でもあります。
  7. 眼の疲…目の周りの血行が悪くなると頭皮に栄養が行きわたらない可能性があります。
  8. 間違ったヘアケアの仕方…マッサージのつもりで強くこすると髪や頭皮を傷つけることがあります。

 

これらは体の健康のためにも改善したほうが良いです。
抜け毛を防ぎ、健康な髪を育てるためには体が健康でなければいけません。

 

薬を服用したりヘアケアをしてもその効果を妨げるような生活をしていれば意味はありません。
心当たりがある人は少しずつ見直していきましょう。

 

M字ハゲ対策ランキング

>>M字ハゲ・M字型薄毛に効果的なアイテムの詳細はコチラから♪<<

ハゲにもいろいろある!脱毛症の種類とは

今まで主にAGA(男性型脱毛症)のM字ハゲについて説明してきました。
しかし脱毛症の種類は意外にたくさんあります。

  1. 円形脱毛症
  2. 脂漏(しろう)性脱毛症
  3. 粃糠性(ひこう)性脱毛症
  4. 女性男性型脱毛症(FAGA)
  5. 牽引(けんいん)性脱毛症
円形脱毛症

円形脱毛症は徐々に脱毛していくのではなく、突然円形や楕円形に禿げる症状です。
頭皮だけではなく、眉毛など他の体毛にも起こります。

 

ストレスが原因と言われていますが完全に解明されているわけではありません。
しかし頭皮の目立たない部分でしたら隠すこともできますし、治療法がたくさんあり治ることも多いです。

 

脂漏(しろう)性脱毛症

名前の通り過剰に皮脂が分泌されることによって頭皮が炎症を起こし脱毛することを指します。
脂漏性脱毛症は次のような原因があります。

  1. 油ものが多い食生活
  2. 皮脂汚れの洗い残し
  3. ホルモンバランスの乱れ

このように生活習慣が主な原因となりますので改善することが可能です。
AGA(男性型脱毛症)と一緒に発症していることも多いので注意しましょう。

 

粃糠性(ひこう)性脱毛症

粃糠性(ひこう)性脱毛症はフケが毛穴周辺を塞ぐことで菌やカビが繁殖し頭皮が炎症を起こします。
その結果脱毛する症状のことを言います。

 

あまりないタイプの脱毛症で、治療には時間がかかります。
脱毛とともにフケが気になるようでしたら皮膚科に相談してみましょう。

 

女性男性型脱毛症(FAGA)

女性男性型脱毛症は女性のみに発症する脱毛症です。
女性にも男性ホルモンが分泌されていますが、女性ホルモンの分泌が活発な状態ですとあまり影響はありません。

 

しかし加齢やホルモンバランスの乱れなどによって女性ホルモンが少なくなると男性ホルモンの影響を受けやすくなります
そのため男性と同じように薄毛になることがあります。

 

牽引(けんいん)性脱毛症

髪が長い人は結ぶことも多いと思います。
しかし長時間同じ場所を強く引っ張りすぎると負担がかかり脱毛してしまうことがあります。

 

牽引(けんいん)性脱毛症引っ張ることにより起こる脱毛症です。
予防をするには、なるべく優しく髪を結んだり結ぶ場所を変えることが有効です。

 

このように脱毛症の種類はたくさんあり、治療法もそれぞれ違います。
薄毛や頭皮の異常などが気になったら病気のサインかもしれません。

 

進行する前に早めに皮膚科を受診しましょう。

脱毛症は何歳ごろから始まると思いますか?

ハゲ(脱毛症)は何歳から始まるのでしょうか?
実は、年齢に関係なく誰でもハゲになる可能性はあります。

AGA(男性型脱毛症)に限定すると、男性ホルモンの分泌が活発になる10代後半から始まる人もいます。
AGA(男性型脱毛症)は年齢によって大きく2つに分かれます。

  1. 10代〜30代…若年性脱毛症
  2. 40代〜…壮年性脱毛症
このうち若ハゲと呼ばれるのは若年性脱毛症です。
若ハゲで悩む人は意外と多いのです。

15歳〜60代以上の男性への調査では脱毛の悩みを持つ人の割合は
15歳〜19歳でも8.5%、20代でも28.4%となっています。

10代後半から20代は、男性ホルモンの分泌が特に活発になります。
DHTという強い男性ホルモンが増えるとその影響を受け、髪の成長がうまくかなくなり抜け毛が増えます。

しかし、男性ホルモンのテストステロンが減少することでも薄毛が進行します。
これは、年齢を重ねてテストステロンが減ってくるとDHTでその役目を補おうとするからです。

DHTが活発になり、やはり髪に影響を与えます。
男性ホルモンは多くても少なくてもAGA(男性型脱毛症)の原因になってしまうのです。

ハゲ(脱毛症)を防ぐには男性ホルモンのバランスが大切

それでは男性ホルモンのバランスを安定させるにはどうしたら良いのでしょうか?
それにはやはり健康的な生活習慣が必要です。
  • 睡眠の乱れ
  • 食生活の乱れ
  • 運動不足
  • ストレス
睡眠不足や偏った食事、運動不足、ストレスはホルモンバランスを乱す原因となります。
特にストレスは男性ホルモンを減らすとされています。

また髪の毛は夜の睡眠中に育つので睡眠不足が続くと薄毛になりやすくなります。
少しづつでも改善することをお勧めします。

ハゲの原因はAGA(男性型脱毛症)だけではありません。
例えば小学生でもいじめのストレスなどで円形脱毛症になるケースもよく聞きます。

他にも大量のフケや皮脂を伴う薄毛や、無意識のうちに自分で髪を抜いてしまう癖など
AGA(男性型脱毛症)以外の症状に心当たりがある人も一度皮膚科を受診してみましょう。

男性ホルモンとM字ハゲの関係について

M字ハゲの原因は男性ホルモンです。
男性なので男性ホルモンが分泌されているのは普通です。

 

しかし、男性ホルモンが多すぎても少なすぎてもM字ハゲの原因になるので
やはりホルモンバランスが大切になってきます。

 

M字ハゲの原因は非常に強い男性ホルモンであるDHTが主に額付近の毛根を攻撃することです。
すると髪の成長サイクルが乱れ、抜け毛が増えます。

 

主に額付近が薄毛になるのがM字ハゲなのですが、なぜ額付近なのでしょうか?
それは額付近が血行不良になっている可能性があります。

 

血行不良であれば、そもそも髪を育てるための栄養が行きわたりません。
頭皮の血行不良は以下の3つでチェックできます。

  • M字部分に特に皮脂が多い
  • M字部分が赤い
  • M字部分から抜けた毛の毛根が小さく弱い

心当たりがあれば血行不良によるM字ハゲかもしれません。
その場合は血行を良くすれば改善が期待できます。

血行を良くしてM字ハゲを改善する方法

最近では眼精疲労もM字ハゲの原因と言われています。
目とは関係なさそうですが、実は大いに影響がありそうです。

 

眼精疲労になると目の周辺が血行不良を起こして固くなります。
眼精疲労の人は首や肩も凝っていることが多いと思います。

 

するとそれより上にある頭皮までは血が十分に行きわたらない可能性が出てくるのです。
パソコンや、スマホを見ている時間が長いという人は眼精疲労対策をしてみましょう。

  1. スポーツや入浴で全身の血流を良くする
  2. こまめに目を休ませる
  3. 温めたタオルで目の周辺を温める
  4. 睡眠をしっかりとる
  5. 凝った部分や頭皮のマッサージをする

頭皮のマッサージですが、自己流でやると危険なこともあります。
間違ったやり方だと頭皮や髪を傷つけるかもしれません。

 

髪を傷つけないように、指の腹を使って頭皮をゆっくりマッサージすると良いでしょう。
正しいヘアケアは皮膚科で相談すると確実です。

 

M字ハゲ対策ランキング

>>M字ハゲ・M字型薄毛に効果的なアイテムの詳細はコチラから♪<<

【M字ハゲが気になりだしたら原因と対策】関連情報